Categories
amazean blog

[ツアーブログ】Amazean Jungle Thailand by UTMB 2024 その2

皆さん、こんにちは。
ルクタススタッフの中島です。

引き続きタイで開催の「Amazean Jungle Thailand by UTMB 2024」のレポートになります。

145キロもレース後半へ!
ですが、その後熱中症もあり、箱田さんもDNFとなってしまいました😢
参加者81名中、ゴールできたのはたったの32名。厳しすぎる。。。

100キロ唯一ご参加の佐々木(秀)さんもA5でリタイア😭
こちらのカテゴリーは参加者186名、完走者はたったの79名。
完走率の低さからコースの厳しさがわかります。

そんな中、久保さんサポートのジェディミナスが2位に4時間の大差をつけてゴール‼️それもコースレコードの24:23:36‼️
素晴らしい❤️いやぁ〜、いい笑顔ですね😀

その後、50キロ参加者4名は全員完走🙌
皆さんおめでとうございます🎊

73歳の佐々木さんもゴール‼️
もちろん年代別1位‼️ ベトンで有名人になっていました☺️

さてさて、私はというと、最終日25キロカテゴリーに出走させてもらいました。
気温35℃近く、湿度も高い💦

普通なら運動禁止レベルですね!ジャングルならではの激急登と、滑り台化したマッドな激下り、何ヶ所もあるアスレチックのような倒木超えと、とにかく滝汗💦
途中のプライベートエイドでの氷水がなかったら熱中症になってたかもです🥵

結果、女子総合6位、年代別1位でした😀
でも総合の表彰は何と5位まで😭
でもでも速い皆さんと一緒に表彰式で表彰されたのは嬉しかったです😍
久保さんは総合3位、さすがです‼️

マイルチャンピョンのジョディミナスとの嬉しい記念写真❤️

最終日夜はアフターパーティ@Bar Tunnel
頑張った身体にご褒美いっぱい😀
皆様、お疲れ様でした‼️

翌日、また陸路でマレーシアに入り、ペナンから帰路✈️へ。
私の初帯同ツアーも無事終了しました!ホッ☺️

ツアー参加者の方々、有難うございました‼️
またお会いできるのを楽しみにしてます😊

Categories
amazean blog

[ツアーブログ] Amazean Jungle Thailand by UTMB 2024 その1

こんにちは!4月よりLUC+Adventuresに入社しました中島です😊
入社してすぐにタイで開催の「Amazean Jungle Thailand by UTMB 2024」に帯同してきました!

このレースはタイ最南端、ベートンを舞台にした、マレーシアの国境付近を走るレース。タイトルに「Jungle」と付いているように、ジャングルの中を走る珍しいコースが特徴です。
大会の受付場所はスタート地点の「べートンモンゴリットトンネル」の中。

街あげてのすごい盛り上がりに嫌でも興奮してきます😁

しかし暑い💦 日中は35度超え、湿度も高く、走るには厳しすぎる🥵

5月3日15時100マイルスタート❗️元気に箱田さん、夏山さんお二人が出発❗️

スタート後はしばらくサポートできないので、その間に100km・50kmの参加者と街中を試走しました。

その後、100マイルのサポートへ向かいました。

A4「Ten-Thousand Flower Garden」では久保さんサポートのジェディミナス選手が一位で到着‼️

何ヶ所かヒルに噛まれている様子でしたが、まだまだ余裕ある感じ。かっこいい😍

気温も湿度も高い熱帯雨林性気候のなか、日本のレースではまず味わえない急登・急下り、に加え、途中大雨に雷!みなさんかなり苦戦してましたが、ここで関門が1時間延びてくれました❗️よかった❗️ホッ😊

箱田さんは少し休んでA5へ。夏山さんは足裏の痛みがひどく、残念ながらここでリタイアとなりました😢

A5「Piyamit Tunnel」では厳しい区間を終えて皆さん全身ドロドロ、ヘロヘロでご到着。塩分とクエン酸が豊富な梅干しを食べてもらい、素麺やみそ汁、フルーツなど疲れていても食べやすいものを準備しました。

全部着替えて気分も新たに箱田さんご出発‼️次のサポート地点A11で待ってますよ〜❤️

LUC+Adventruesのサポートは続きます!

Categories
amazean blog

【ツアーログ】Amazean Jungle Thailand by UTMB 2023 その1

はじめに

こんにちは! LUC+Adventuresの久保信人です!

2023年2月17日~19日にかけて、タイで開催された「Amazean Jungle by UTMB」のオフィシャルツアーサポートを実施しました。

「LUC+Adventuresのサポートって具体的にどんな感じなの?」

「海外ツアーってどんな感じなの?」

「来年Amazeanに出場してみたいけど、レースの雰囲気ってどんな感じなの?」

という疑問にお応えするためにも、そしてサポートの記録を残すためにも、レポートをお届けします!

Amazean Jungle Thailand by UTMBとは?

「Amazean Jungle Thailand by UTMB」(Amazean)はタイ最南端、ヤラ―県ベートン郡を舞台にした、マレーシアの国境付近を走るレースです。タイトルに「Jungle」と付いているように、ジャングルの中を走る珍しいコースが特徴です。途中、1970年代に反政府勢力が作ったトンネルや巨大な温泉を通る、見どころ満載なコースでもあります。

「by UTMB」シリーズのメジャー大会ですが、まだまだ有名ではないなので、参加人数も多くはなく、入賞の可能性も高い大会です。にもかかわらず、通常の大会よりストーンを2倍獲得できるので、大変お得な大会といえます!

ツアーは2種類!

Amazeanツアーは、2月16日〜20日(4泊5日)のショートプラン、2月15日〜20日(5泊6日)のロングプランの2種類を用意しました。ロングプランは長距離カテゴリ(100マイル、100km)に挑戦する方向け、ショートプランは100km以下カテゴリに出場する方向けです。

ツアーはレース本番のほか、観光やグルメなど楽しむ要素が盛りだくさん! 皆様で楽しんだその内容を紹介していきます!

2月15日(水) マレーシア集合!

ロングプランの皆様は、この日の夜にペナン空港(マレーシア)に到着しました。今回の会場のベートンには、タイ国内から移動するよりペナンから移動する方が早いため、集合場所をペナンにしています。

LUC+Adventuresのツアーは、基本的に現地の空港集合です。これは、お客様によっては使いたい航空会社があったり、マイルを使いたかったりと事情があるので、お好みで選んでもらうためです。もちろん、チケットを手配してほしいという要望にはお応えします!

さてさて、皆様をジョージタウンへお連れして、この日はホテルで休んでもらいます。次の日から、本格的にツアーが始まります!

2月16日(木) 世界遺産ジョグからの現地入り!

朝7時30分からジョージタウンでジョグツアーを開催しました!

ジョージタウンは、さまざまな文化が融合するエキゾチックタウン。5km走るだけで、インド、中東、中国、ヨーロッパの文化を味わうことができます。また、街中のいたるところにウォールアートが描かれており、独特の雰囲気を漂わせています。

楽しいジョグを終えてホテルに戻り、朝食を摂ります。豪華なバイキングで、みなさん結構お腹いっぱいになっていました(笑)。

10時、チャーター車でタイ・ベートンへ向かいます。ペナンブリッジでマラッカ海峡を渡り、タイ国境へ。ここで2回イミグレーションがあります。まずマレーシアの国境でパスポートコントロールをして、車に積んだ荷物を降ろしてチェックします。それを終えたら、200m先のタイ国境でもう1度パスポートコントロールを受けます。陸路で国境を越える経験は、日本ではできませんよね。ちょっと手間がかかるのですが、新鮮な体験です。

無事に国境を越えて、13時にべートンのホテルに到着! スタート地点から徒歩5分の超好立地。最悪、レース5分前に起きればレースに出場できます(笑)。この立地が、のちのち活きる時が来るのですが、それまたあとで……。そうそう、ホテルにはプールもあり、宿泊者は誰でも利用できます! クールダウンに最適です!!

ホテルに荷物を置いて大会の受付に行きました。受付場所は、スタート地点の「べートンモンゴリットトンネル」の上にあるスタジアム。このトンネルは、タイで最初の自動車専用トンネルということで、ベートンの街、そして大会の1つのシンボルのようでもありました。

ライトアップされたベートンモンゴリットトンネル

受付では、オフィシャルツアー参加者のBIBを主催者がまとめてくれていたので、とてもスムーズに進めることができました。こういう利点は、オフィシャルツアーならでは! 必携装備などもここでチェックします。

まだ外国人選手が受付に来ていなかったこともあったのか、現地新聞やウェブサイトなどのメディアに取材をされました。きっとどこかのウェブに載っていると思います(笑)!

トラブル発生! スマホがつながらない……⁉

ここで1つ大きなトラブルがありました。ここベートンでは、国際ローミングが使えなかったのです。理由ははっきりしませんが、国境付近で規制されているのかなと思います。各人のスマホの設定をいろいろ確認してみましたが、どうしようもできませんでした。スマホは電波が通じないと意味を成しませんし、必携装備でもありますので、最悪失格になる可能性もあります。最終的に現地でSIMカードを購入することになりました。それでも上手くいかず、仕方なくスマホを購入した方もいました。次回からAmazeanに参加する方には、SIMフリーの手続きをしていただこうと決めました。

さて、100マイルは次の日の朝スタートなので、この日は夕食を終えたらなるべく早く寝てもらうようにお願いしました。睡眠は大切です!

この日の夜、ショートプランの皆さんがペナン空港に到着。空港近くのホテルに宿泊してもらいました。

2月17日(金) 100マイルスタート!

朝、ショートプランの皆さんがベートンのホテルへ到着しました。そして10時に100マイルがスタート! LUC+Adventuresからは、井寄慎さん、吉田眞二郎さん、吉田洋介さん、岩根康朗さん、山本真史さんの5人が出場しました!!

LUC+Adventures全員集合!

スタート後はしばらくサポートできないので、その間に100km・50kmの参加者と街中を試走しました。コースの途中にはギネスブックにも載っている「世界一大きいポスト」があります。高さ9mのポストは飾りではなく、手紙を投函できる本物です。そんな観光名所も通りながら、4kmほど走りました。

その後、100マイルのサポートへ向かいました。当初はA5「Piyamit Tunnel」で最初のサポートする予定でした。しかし、「by UTMB」シリーズのアプリ「Live Info」で位置を確認してみると、ジャングルに苦しんでいたのでしょう、全体的に進みが遅く、まだまだ到着しないと判断しました。そして急きょA4「Ten-Thousand Flower Garden」でサポートすることに決め、そちらへ向かいました。

A4 Ten-Thousand Flower Garden

「Ten-Thousand Flower Garden」はその名の通り、とてもたくさんの花がある植物園です。時間があればのんびり散策するのもいいかもしれませんね!

A4のオフィシャル補給食は思いのほか充実しており、ラーメンやご飯もの、ポカリスウェット、アミノバイタルなどが並んでいました。東南アジアのレースの補給食に「お腹を壊すのでは?」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、少なくともAmazeanではそんなことありませんでした。

1位でサンゲ・シェルパ選手が入ってきました。トップ選手だけあって、余裕がある感じでしたね。その後、井寄さんが20位くらいでA4にイン。本来はトップ10くらいを走っていたそうですが、後ろの集団がロストしてしまってショートカットしてしまい、抜かれたとのことでした。

A5 Piyamit Tunnel

井寄さんはA4を19時前に出発し、21時過ぎにA5「Piyamit Tunnel」へ到着しました。僕はA5の前で伊寄さんを待ち、一緒にトンネルを走りました。「Piyamit Tunnel」は1970年代の内戦で作られたトンネルで、物資の移動や防空壕の役割を果たしていました。付近には樹齢1000年といわれる巨木もあり、壮大な自然とそのなかに作られた人工的な遺物、両方を味わえます。

エイドではリクエストがあった素麺などを作り、補給してもらいます。井寄さんがエイドアウトしたあとも残り、続いてエイドに入ってくる100マイル参加者のみなさんをサポートしました。

A3からA5の間はアップダウンが激しく、皆様が最も苦しんだ区間。気温も湿度も高い熱帯雨林性気候のなか、日本のレースではまず味わえない急登・急下りを何度も味わいます。そんなセクションを終えてのサポートなので、この後も走り続けられるように塩分とクエン酸が豊富な梅干しを食べてもらい、素麺やみそ汁など疲れていても食べやすいものを準備しました。

思いのほか、みなさん内臓トラブルなどは抱えていませんでしたが、吉田眞二郎さんが熱中症の症状が出てしまい、残念ながらここでリタイアとなりました。しっかり対策をしていてもやられてしまうこともある。それがレースの厳しい面であり、ある意味では楽しい一面でもあります。

残ったみなさんをゴールまで運ぶため、LUC+Adventuresのサポートは続きます!!

その2へ

公式のYouTubeライブ配信はコチラ!

Categories
blog

2019 UTMB参加ツアー 31時間20分 UTMBフィニッシャー 木幡様ご旅行記

2019 フィールズオンアースのツアーで初めてのUTMBに挑戦された木幡帝珠さんからご旅行記をお寄せいただきました。
2018 KOUMI100マイル優勝、2019UTMF総合10位と素晴らしい実績を持った木幡さんのUTMB挑戦記です。

UTMB 旅日記

トレイルランナーなら一度は走ってみたいと思う夢のレースUTMB何とか完走しました!

今回はエントリーから航空券の手配、宿、移動などフィールズオンアースのツアーでお世話になり万全の体調でスタート出来ました!

本当にありがとうございました。

出発~ジュネーヴ

今回はトルコ経由でジュネーヴへ

トラブル無く到着

ジュネーヴではスタッフのロマンさんがお出迎え

ツアー専用バスにて約90分でシャモニーへ

宿泊先は キッチン付きレジデンスアパートタイプのホテル
キッチン付きなのでスーパーマーケットで食材を購入して
調理して食べていたので滞在中はほぼ外食は無し
サウナ&プールも併設されているので毎日入ってリラックスしていました。
飛行機での長時間の移動で疲労した身体をほぐすのにバッチリ!
バルコニーからモンブランの景観


ここに座ってゆっくりと何もしない時間がたまらなく贅沢幸せな時間でした。

毎朝の楽しみがホテルの朝食バイキング

何を食べても美味しい!!

さぁ!ここが有名なUTMBゲート

 

ここに必ず帰ってくると誓う

すでに心の高揚感で浮足立っているw

フィールズオンアースのツアー専用受付でスムーズにトラブルも無く受付完了!
一般受付は毎年長蛇の列で、1時間以上待つこともあるらしいが、ツアー受付は待ち時間なし!

いよいよUTMB!

レース

17:58 コンクエストパラダイスがシャモニーに鳴り響く

高鳴る興奮を抑えきれず危うく泣きそうに、、

と思っていたらいきなりスタート!

スタートダッシュが速い!

ここは抑えなくてはと思うが興奮状態なので突っ込んでしまった。

序盤の調子良さから突っ込んでしまい体調を崩して補給が上手く取れずに中盤で潰れてしまい心身ともに苦行の道のりでしたが126km地点のサポートエイドであるシャンペラックでフィールズオンアース特性のお粥、カレー、卵スープ、ラーメンを平らげて完全復活!

壮大な景色の中を走ります。

夢の時間。。。

後半にようやくエンジンがかかり爆走w

目標のフィニッシュタイムには全く届きませんでしたが31時間30分でシャモニーにてフィニッシュ! 最高の時間でした!

 

UTMBのような100マイルレースでは走力と同じように大事なのは補給です。

僕のように中盤で体調を崩してジェルなどの甘い物が補給できなくなったときに

サポートエイドでのお粥やラーメンなど海外レースでは絶対に出ない物が

食べられる事は本当に助かりました。

また挑戦の際はよろしくお願いします!

木幡 帝珠

--------------------------

Staff Comment
 木幡様

この度はフィールズオンアースのツアーご利用誠にありがとうございます!
そして素晴らしいご旅行記を誠にありがとうございます。
スタッフ一同大変嬉しく拝見いたしました。

UTMB 31時間30分 という素晴らしいタイムでの完走!おめでとうございます!

途中かなりペースダウンしたとのことでしたが、それでも31時間は素晴らしいです。

UTMBを始め欧州レースではチーズやクラッカー、生ハムなど日本人にとって後半食べにくい補給食が多く、苦戦されることが非常によくあります。
実際毎年多くのランナーが補給が取れなくなってリタイヤしています。

私自身もUTMBを完走した際は、大会エイドのものが食べれなくなった経験から、ツアーの皆様にはツアーエイドでお粥などを毎年用意しています。
補給は完走を大きく左右する大変重要な要素となり、そう何度も挑戦できるわけではないUTMBを、出来る限り確実に完走していただくためにご活用いただけたなら、本当に嬉しく思います。

また木幡様の海外レース挑戦のお手伝いが出来たら幸いです。

またのご利用を心よりお待ちしております!!

久保 飯野

Categories
blog

等身大のUTMB対策練習 ①前半編 まずは走力を!

コロナによる外出自粛要請が出ている現在、なかなか思うような練習が出来ないですね。
UTMBも予定どおり開催されるかどうか、まだわかりません。
5月中に発表が予定されています。

しかし、もしかすると予定通りに開催される可能性もまだ残されており、その時に向けて準備は進めていかなくてはなりません。
折角手にした夢の舞台への挑戦権、参加する限りは何としてもフィニッシャーベストを勝ち取りたいですよね!

世界最高峰のウルトラトレイル「UTMB」の各レースの完走を目指して、今現在この状況の中でどんなトレーニングをしたら良いか、2018年に32時間代でUTMBをゴールした、フィールズオンアース・スタッフの久保がフルタイムワーカーでそれほど多くの練習時間を取れない場合でも、完走を目指すための「等身大のUTMB対策」を更新してゆきますので、良かったら参考にしてください。

【UTMBで大切なのは山力よりも『走力』】

UTMBは累積標高約10000mの100マイルレースで、2500m級の山も含まれるため、多くの皆さんは南アルプスや富士山などの険しい山での練習、長時間行動をメインに準備する人が多いように見受けられます。 しかしながら、UTMBのコースには走れるフラットな区間も実はかなり多く、この走れる区間をいかにしっかり走れるか、が完走への大きなキーポイントとなります。

昨年2019年のUTMBでは約50名のツアーご参加の皆さんのサポートを行いましたが、そこで気が付いたことを書きます。

「前半の制限時間はかなり厳しい」

UTMBの最初の30㎞はLes Houcheの山一つ以外はほとんどフラット基調で、ひたすら走れるコースです。
そして31km地点、最初のサポートエイド「コンタミン」でタイムアウトになってしまう方が、予想以上に多い!という事を目の当たりにしました。

すなわち山力や長時間行動能力を必要とする前にタイムアウトしてしまっているという事です。

UTMB前半のコースプロフィール

【コンタミン31㎞の制限時間を安全にクリアするには「サブ4」の走力を】

コンタミン31㎞の厳しい制限時間を安全にクリアするにはフルマラソン「サブ4」の走力が最低限必要と考えます。
もちろんサブ4.5の走力でクリアできた方も居るかもしれません、しかし目標はあくまでも確実な「完走」とした場合、UTMBに挑戦するには最低限フルマラソン「サブ4」の『走力』を持ってスタートすることが必要と考えます。

でなければ、仮にコンタミン31㎞の関門をクリアできたとしても、78㎞のイタリア「クールマイヨール」までひたすら制限時間に追いかけられる厳しいレースを強いられ、常に完走ぎりぎりの綱渡りレースとなります。どこかで睡魔に襲われ減速したらアウトです。

なので、そういったリスクも考慮したうえで、多少の眠気で減速してもクールマイヨールまでに30分~1時間以上の貯金を作っていくためにはフルマラソン「サブ4」の走力は必要最低限と考えます。

【まず最優先に鍛えるのは走力】

コロナで山になかなか行けない現在、出来る練習は「サブ4以上の走力とスピード」の獲得です。これなら山に行かなくても家の近所で練習が可能です。 4時間以内にフルマラソンを走る走力とは「1㎞を約5:40以内で42.195㎞走り切れる能力」を指します。
つまりは「10㎞を約56分40秒以内」に走りきる力が必要となります。

まずはここを目指した練習をしましょう。 人が少なく感染リスクの低い場所を選び周回コースなどが良いかもしれません。
まず一度自分がどれぐらいの走力があるのか、10㎞タイムアタック、5㎞タイムアタックをしてタイムを計測します。
そして10㎞を56分40秒以内に走破できなかった場合は、UTMBの最初31㎞の「コンタミンの関門が危ない」と認識してください。

コンタミン31㎞の関門をクリアできなければ、いくら山の練習をたくさん積んできても、UTMBの山でその力を発揮できないからです。

そうならない為に、10㎞や5㎞のロード定点観測は必需です。 同じコースで定期的に10㎞や5㎞のタイムを計測し、自身のタイムが向上し続けているかを確認します。 

【走力を上げるには、目標タイムより速いペースで練習する】

UTMBへの完走課題の第1項目である「サブ4以内の走力」を鍛えつつ、同時に必要となる登坂力も鍛えられる練習があります。
「坂道練」です。 山に行けなくても、近所の短い坂道や階段を使って反復練習をします。
トレイルの本場フランスは、フランス中がアルプスやピレネーのような2000m超級の山だらけなわけではありません。ブルターニュやノルマンディ、ノール地方などは、全く山は無く、短い坂道しかないのです。彼らは山に行くためには東京在住者よりはるかに長い距離約500~700㎞移動しなければアルプスなどの山に行くことは出来ません。東京なら1~2時間で奥多摩や、3000m級の富士山にも行けます。日本はトレイルランニングの練習環境としては非常に恵まれた環境にあります。

上記のようにフランスで山が全くない地方に住んでいても非常に強い選手はたくさんいます。
そうした地域の選手がどのように練習しているか聞いたところ、やはり短い坂道をひたすら反復して登坂力を養っています。

坂道練習でも基本は「過負荷」を掛けた練習をしていきます。ゆっくり楽に登れるペースではなく、頂上では「ゼーハー」と息が切れるくらいのペースで繰り返します。出来るだけ近所で長く傾斜のきつい坂道や階段を見つけて、はじめは5本から、次第に10本さらには15本と反復回数を増やしていきます。回数だけを増やしてペースを落としては効果が半減しますから、初めはぎりぎり5回出来た同じペースで、次第にそれが楽になってきたら、1本2本と増やしていきます。 いろいろな斜度を含んだ周回コースにしてもよいでしょう。

私の場合は、周回コースだとすぐ気持ちが折れて帰ってしまうような、貧弱なメンタルだったので、途中で絶対に帰れないように家からひたすら坂道だけを拾い集めたロードの片道15㎞、ぐるっと回ってぴったり30㎞になる「16回坂道と階段のある30㎞コース」を設定して、毎月1~3回走るようにして「タイムを計測」し、そのタイムの向上を確認してUTMBに挑みました。この30㎞のロード坂道練習は、UTMBをはじめとする100マイルレースへの完走に極めて効果が高かったと実感しています。

私がUTMBやレユニオンの100マイル完走前に良く行ったロード坂道練習の30㎞コースプロフィール。

このコースをアベレージ5:13/km 2時間39分で2018のUTMB前の最後の坂道練で走り、UTMB100マイルを 32時間42分 211位で完走しました。

初の100マイルレースだった2017年のグランレイドレユニオン前にはアベレージ5:25/km 2時間47分がベストタイムで、38時間44分 226位で完走。
いずれも出走人数の10%以内でゴールできました。

こうした経験からも、100マイルレースという超ロングレースであっても、30㎞のロード練習が非常に効果が高いことが解ります。
なので、今のようになかなか山での練習が難しい現在、コロナ感染リスクの低い近所の坂道を探しながら、20㎞や30㎞のアップダウンコースを作ってみてください。 そして月に1~2回タイムアタックしてみてください。
タイムが上がっているという事は、確実に練習の効果が表れている証拠です。

こうしたロードでの練習は、5㎞10㎞のタイム計測なら、1時間以内、30㎞の坂道練習でも、4時間以内に終わることが出来ます。フルタイムワーカーであっても、帰宅後や週末、休日に十分可能な練習内容ですから、誰にでも可能です。

確かに地道で、山よりも楽しみは少ない練習ですが、コロナに感染せずに目指す100マイル完走へ近づいていくためには、大切な練習になります。
3蜜に気をつけて、そうならないコースを探していくことも、楽しみの一つと言えるでしょう。

まずはこの5㎞、10㎞のタイムトライアル、20~30㎞の坂道コース練習だけでもしっかりと行っておくだけでも、走力の基礎が出来てきます。

次回は、コンタミン31㎞からクールマイヨール78㎞間の、前半の難関セクション攻略を目指した練習を公開予定です。

ルクタスアドベンチャーズ
案内人

久保