日本旅ラン シリーズ 6

『北海道編』

受付期間:2021年7月30日(金)~9月20日(月)
開催期間:2021年8月10日(火)~10月10日(日)

北の大地の短い夏を満喫する、2ヶ月限定の旅ランへ​

 旅ラン第 6 弾は北の大地、北海道。蝦夷富士と呼ばれる美しい羊蹄山や支笏湖の周囲にそびえる火山群を巡ったいいのわたるのランニング紀行。旅ランとして 2 つのコースが選ばれました。短い北海道の夏、この季節だけ味わえる北海道の自然を味わう 8 月からの 2 ヶ月だけ開催される旅ランに足を運んでみませんか。

【コース1】旅ラン北海道

羊蹄山 16㎞ コース

北海道一の美しい山容に惹かれて巡る 1 日の旅ラン​

 蝦夷富士の呼び名でも知られる日本 100 名山の一つ、羊蹄山。世界中から観光客を集める洞爺湖やニセコアンヌプリを見渡す美麗な姿は北海道の山々でもとりわけ高い人気を誇る目的地です。
 旅ラン北海道、羊蹄山 16km は縦走コース。羊蹄山の湧水の湧く羊蹄山自然公園をスタート地点に真狩(まっかり)コースと呼ばれる羊蹄山を南西から登るコースを辿ります。道中で飲む名水をしっかり汲んでスタートしましましょう。真狩コースは尾根道にでると洞爺湖や山麓を見渡す眺望が開ける美しいルートです。また七合目以降は高山の植物が短い夏の間に咲き乱れる美しい光景を目にしながらの旅になるでしょう。山頂で火口を見下ろす外輪山を通じて壮大な火山を体感したあとは、京極コースと呼ばれる羊蹄山の東北方面のルートで下山します。ゴールはこちらも名水で有名なふきだし公園。道の駅と温泉が併設されており 1 日の疲れを癒して旅ランを完了です。
 コースの獲得標高は約 1700m 。ガレ場などのセクションも多くハードなルートもありますが、羊蹄山には旅先に選ぶあまりある魅力があります。

旅ラン北海道 羊蹄山 16km への登録はこちら​

【コース2】旅ラン北海道

風不死・樽前​ 19㎞ コース

支笏湖を望む尾根道を駆けあがる、夏の冒険トレイルラン​

 支笏湖の南に座する 2 つの火山、風不死岳(ふっぷしだけ)と樽前岳(たるまえだけ)。自動車による登山ルートのアクセスの良さから樽前岳は七合目などの登山口を使ってトレッキングを楽しむ一般登山愛好家にも親しまれていますが、19km のコースはこの湖岸の登山口からスタートする風不死岳北尾根コースからスタートします。緑豊かな風不死岳の北尾根を登頂しそのまま樽前岳へと向かうルートは景観の良さや視界の変化を満喫できる贅沢なコース。江戸時代に大規模な噴火を起こし、現在も活動が感じられる樽前岳の荒々しい姿を目にしながら、火山ドームを巡って再び風不死岳・支笏湖湖岸へと戻ります。
 2 座を踏破する累積獲得標高約 1550m のルートはランナーには手応えのあるコースですが、道中は走れるセクションも多くトレイルランの楽しみを満喫できる旅となるでしょう。

旅ラン北海道 風不死・樽前 19km への登録はこちら

株式会社ルーセント 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4
[email protected](担当:小川 090-9830-7241)